会員業績

『東洋陶磁』・『東洋陶磁学会会報』掲載論文等、および東洋陶磁学会総会・大会・研究会での発表等、その他東洋陶磁学会主催展や刊行物等における会員業績ついて、情報センターの文責により発行・発表・開会の年月日順に掲載しています。また、役員および役員経験者の2009年4月以降の業績を、本人の申告に基いて掲載しています。
フリーキーワードや区分、氏名での検索も可能です。

区分
氏名
年月日 氏名
表題・演題 叢書・掲載書誌・会合名 発行者・会場
2017.3.31. 清水 愛子 二〇一五年の陶磁研究の回顧(西日本) 『東洋陶磁』Vol.46、87-89頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 川合 加容子 二〇一五年の陶磁研究の回顧(東日本) 『東洋陶磁』Vol.46、85-87頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 伊藤 郁太郎 ―平成二十八年度第三回研究会―安宅コレクション残影 『東洋陶磁』Vol.46、67-84頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 新井 崇之 『焼造瓷器則例章程冊』の基礎的研究―清代景徳鎮官窯の基本則例について― 『東洋陶磁』Vol.46、37-65頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 依田 徹 文琳茶入について―遠山記念館蔵「玉垣文琳」を中心に― 『東洋陶磁』Vol.46、23-36頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 乗岡 実 戦国時代の備前焼編年 『東洋陶磁』Vol.46、5-21頁 東洋陶磁学会
2017.3.31. 砂澤 祐子 日本に伝世する粉粧粉青沙器(粉引と無地刷毛目)の現況と性格 『五島美術館研究紀要』第5号 五島美術館
2017.3.31. 梶山 博史 珉平焼―淡路が生んだ珠玉の名陶― 『淡交会淡路支部七十周年・青年部五十周年記念誌 淡路支部のあゆみ』   茶道裏千家淡交会淡路支部
2017.3.25. 金沢 陽 宋・元時代東アジアの沈没船に積まれた陶磁器とその貿易の実像 『中近世陶磁器の考古学』第5巻、231~257頁 雄山閣
2017.3.21. 小林 仁 追究鑑賞古陶磁的理想陳列―関於大阪市立東洋陶磁美術館的独特陳列理念和陳列方式 香港中文大学第4届博物館専業培訓工作坊:展覧策画與陳列設計 香港中文大学文物館
2017.3.20. 堀内 秀樹 近世城郭・城下町の陶磁器 『近世城郭の考古学入門』、164-185頁 高志書院
2017.3.18. 金沢 陽 明代隆慶官窯の焼造命令と伝世品の付合について 東洋陶磁学会 研究会 青山学院大学
2017.3.18. 新井 崇之 清代乾隆年間における景徳鎮官窯の管理体制―清朝の公文書から見た乾隆官窯の盛衰― 東洋陶磁学会 研究会 青山学院大学
2017.3.18. 飯田 敦子 明代景徳鎮陶磁史研究における文献史料―『嘉靖・江西省大志』と『万暦・江西省大志』の「陶書」をめぐって 東洋陶磁学会 研究会 青山学院大学
2017.3.7. 野上 建紀 アジアの海を越えた陶磁器 多文化社会学研究会「東アジア海域から眺望する世界史」 長崎大学
2017.3.4. 高橋 照彦 鋳銭司・陶の土器づくり―緑釉陶器と須恵器― 山口市教育委員会「古代テクノポリス 鋳銭司・陶―これまでとこれから―」 山口南総合センターホール
2017.3.1. 梶山 博史 「丹波焼と三田焼の粋を集めて―森基コレクションの名品―展」に寄せて 『陶説』768号 日本陶磁協会
2017.3.1. 梶山 博史 謎の遠州七窯―伝承と実態の間隔― 『野村美術館研究紀要』第26号 野村文華財団
2017.3. 下村 奈穂子 明治期の備前焼―内国勧業博覧会資料からみる伊部村の陶磁器生産― 『関西窯業の近代Ⅰ』大手前大学史学研究所研究報告 第16号 大手前大学史学研究所
2017.3. 野上 建紀 アジア・太平洋海域における有田焼交易ネットワークの考古学的研究   西岡総合印刷株式会社
2017.3. 野上 建紀 コロンビアに渡った東洋磁器 (エラディオ・テレロス・エスピノサと共著)『多文化社会研究』 3号、165-177頁 長崎大学多文化社会学部
2017.2.28. 今井 敦 中国陶磁と日本陶磁―その共通性と独自性― 『出光美術館館報』第178号、4-24頁  出光美術館
2017.2.25.~5.7. 森下 愛子 屏風にあそぶ春のしつらえ-茶道具とおもてなしのうつわ   泉屋博古館分館  
2017.2.18.~3.26. 砂澤 祐子 館蔵 中国の陶芸展   五島美術館  
2017.2.18. 梶山 博史 丹波焼の魅力―その歴史と見どころ―   姫路市書写の里・美術工芸館
2017.2.12. 渡辺 芳郎 江戸時代の地方窯業―磁器生産を中心に― 平成28年度第2回うきたむ学講座「置賜の産業 焼き物編」 山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館
2017.2.12. 中澤 富士雄 『君臺觀左右帳記』と天目茶碗 誠之会研究会
   
神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)
2017.2.3. 砂澤 祐子 日本に伝世する粉粧粉青沙器(粉引と無地刷毛目)の現況と性格 第3回高興雲垈里粉青沙器国際学術大会「東北アジア粉粧粉青沙器の変遷と高興雲垈里粉粧粉青沙器の意味」 高興総合文化会館
2017.2.1. 野上 建紀 伊万里焼の生産流通史―近世肥前磁器における考古学的研究―   中央公論美術出版
2017.2. 野上 建紀 五島列島福江島の田ノ江窯跡に関する測量調査ノート 『金沢大学考古学紀要』38号、47-58頁 金沢大学