会員業績

『東洋陶磁』・『東洋陶磁学会会報』掲載論文等、および東洋陶磁学会総会・大会・研究会での発表等、その他東洋陶磁学会主催展や刊行物等における会員業績ついて、情報センターの文責により発行・発表・開会の年月日順に掲載しています。また、役員および役員経験者の2009年4月以降の業績を、本人の申告に基いて掲載しています。
フリーキーワードや区分、氏名での検索も可能です。

区分
氏名
年月日 氏名
表題・演題 叢書・掲載書誌・会合名 発行者・会場
2019.3.31. 森下 愛子 二〇一七年の陶磁研究の回顧(西日本) 『東洋陶磁』Vol.48、141-144頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 川合 加容子 二〇一七年の陶磁研究の回顧(東日本) 『東洋陶磁』Vol.48、139-141頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 新井 崇之 清代乾隆年間における景徳鎮官窯の盛衰―管理体制の変化に着目して― 『東洋陶磁』Vol.48、121-137頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 柴田 圭子 龍泉窯青瓷蓋罐の研究―出土資料を中心に― 『東洋陶磁』Vol.48、93-119頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 徳留 大輔 ポータブル複合X線分析による中世前半期の中国産陶磁器の産地推定に関する研究 ―福建・浙江産陶磁器の研究を事例に― (平原英俊・桑静・田上勇一郎・栗建安・羊澤林・沈岳明・會澤純雄と共著)『東洋陶磁』Vol.48、75-92頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 佐藤 文子 シンクロトロン光による呉須顔料の非破壊分析と比較研究 (梅本孝征・大田公典・大橋康二・ 澤岡織里部と共著)『東洋陶磁』Vol.48、55-74頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 大橋 康二 シンクロトロン光による呉須顔料の非破壊分析と比較研究 (梅本孝征・大田公典・佐藤文子・ 澤岡織里部と共著)『東洋陶磁』Vol.48、55-74頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 太田 公典 シンクロトロン光による呉須顔料の非破壊分析と比較研究 (梅本孝征・大橋康二・佐藤文子・ 澤岡織里部と共著)『東洋陶磁』Vol.48、55-74頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 梅本 孝征 シンクロトロン光による呉須顔料の非破壊分析と比較研究 (太田公典・大橋康二・佐藤文子・ 澤岡織里部と共著)『東洋陶磁』Vol.48、55-74頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 大西 遼 愛知県陶磁美術館の復元古窯焼成に関する調査報告 『東洋陶磁』Vol.48、35-45頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 二宮 修治 東洋陶磁学会第45回大会記念講演「古陶磁研究と文化財保存科学―文化財計測学と文化財材料学の視点―」 『東洋陶磁』Vol.48、5-33頁 東洋陶磁学会
2019.3.31. 長谷川 眞 「びぜん」刻印を持つ擂鉢 『兵庫陶芸美術館研究紀要』第8号、51-102頁 兵庫陶芸美術館
2019.3.31. 金沢 陽 貿易陶磁における、他材質から陶磁への置き換え商品の意義 『青山考古』35、141-149頁 青山考古学会
2019.3.30. 高橋 照彦 近江俊秀著『入門 歴史時代の考古学』 『考古学研究』第65巻第4号、90頁 考古学研究会
2019.3.29. 金子 健一 瀬戸窯の鉄絵皿について―穴田窯跡出土遺物を中心にして― 『瀬戸市文化振興財団埋蔵文化財センター研究紀要』第21輯、1-34頁 瀬戸市文化振興財団
2019.3.25. 森下 愛子 菊池智業績 『日本美術年鑑』、551頁 東京文化財研究所
2019.3.23. 矢島 律子 蘇麻離青について 東洋陶磁学会 研究会 青山学院大学
2019.3.23. 安河内 幸絵 セーヴル磁器製作所における“軟質磁器”と“硬質磁器” 東洋陶磁学会 研究会 青山学院大学
2019.3.21. 小林 仁 奇跡の器―曜変天目の伝世品と出土品 『大徳寺 龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋』MIHO MUSEUM、200-203頁 MIHO MUSEUM
2019.3.20. 梶山 博史 夢にみた「茶垸」 『明恵の夢と高山寺』、51-52頁 中之島香雪美術館
2019.3.20. 梶山 博史 龍泉窯 青磁香炉 『明恵の夢と高山寺』、147頁 中之島香雪美術館
2019.3.16.~5.10. 森下 愛子 明治150年記念 華ひらく皇室文化 明治宮廷を彩る技と美   泉屋博古館  
2019.3.15. 金子 健一 折戸(O)-110号窯跡発掘調査報告書Ⅱ 『瀬戸市文化振興財団調査報告』第68集、1-67頁 日進市教育委員会・瀬戸市文化振興財団
2019.3.9. 金沢 陽 東シナ海海域史研究における漂流史料の可能性について―朝鮮王朝実録の一、二の史料から― 『明大アジア史論集』23「寺内威太郎先生退休記念号」、325-327頁 明治大学東洋史談話会
2019.3.6. 梶山 博史 二条家邸跡出土の乾山焼について 同志社大学歴史資料館調査研究報告第15集『常盤井殿町遺跡・公家町遺跡・相国寺旧境内発掘調査報告書』、137-145頁 同志社大学歴史資料館
2019.3.5. 今井 敦 皇室と美術工芸振興―帝室技芸員制度― 『特別展 御即位30年記念 両陛下と文化交流―日本美を伝える』、26頁 読売新聞社
2019.3. 花井 素子 日本陶芸における海外との出会いについて―1960年代・森野泰明とアメリカの陶芸 『岐阜県現代陶芸美術館 研究紀要』 第3号、39-53頁 岐阜県現代陶芸美術館
2019.3. 渡辺 芳郎 2018年度指宿市山川鰻窯跡の発掘調査 『平成30年度教育研究活動(プロジェクト等)概算要求事項報告書「南九州・南西諸島を舞台とした地域中核人材育成を目指す新人文社会系教育プログラムの構築」「「鹿児島大学輩出する学士の質保証とその可視化」を実現するための教育改革とそれを踏まえた地域人材育成」』 、84-91頁 鹿児島大学法文学部・鹿児島大学人文社会科学研究科
2019.3. 渡辺 芳郎 指宿秋山家伝来の色絵薩摩角形瓶 『指宿市考古博物館 時遊館COCCOはしむれ 博物館年報・紀要』13号12、23-32頁 指宿市考古博物館 時遊館COCCOはしむれ
2019.3. 渡辺 芳郎 日置市美山玉山神社伝来資料 『鹿児島県文化財調査報告書』第65集、7-28頁 鹿児島県教育委員会