会員業績

『東洋陶磁』・『東洋陶磁学会会報』掲載論文等、および東洋陶磁学会総会・大会・研究会での発表等、その他東洋陶磁学会主催展や刊行物等における会員業績ついて、情報センターの文責により発行・発表・開会の年月日順に掲載しています。また、役員および役員経験者の2009年4月以降の業績を、本人の申告に基いて掲載しています。
フリーキーワードや区分、氏名での検索も可能です。

区分
氏名
年月日 氏名
表題・演題 叢書・掲載書誌・会合名 発行者・会場
2023.3.31. 長谷川 祥子 弓場紀知先生を悼む 『東洋陶磁』Vol.52、58-59頁 東洋陶磁学会
2023.3.31. 金好 友子 二〇二一年の陶磁研究の回顧(西日本) 『東洋陶磁』Vol.52、55-57頁 東洋陶磁学会
2023.3.31. 小川 咲良 二〇二一年の陶磁研究の回顧(東日本) 『東洋陶磁』Vol.52、53-55頁 東洋陶磁学会
2023.3.31. 黒沢 愛 鍋島家伝来の図案―江戸時代における磁器製作― 『東洋陶磁』Vol.52、5-24頁 東洋陶磁学会
2023.3.31. 今井 敦 日本陶磁のオリジナリティー -中国陶磁と比較して 石川県九谷焼美術館紀要『九谷を拓く』第6号、12-27頁 石川県九谷焼美術館
2023.3.31. 大橋 康二 近世長崎出土の中国清朝磁器 (扇浦正義と共著)『海のシルクロード叢書』4 アジア文化財協力協会
2023.3.24. 大橋 康二 愛媛の陶磁器・松山市東山神社所蔵の東野焼とする鉄釉狛犬について 『愛媛県の近世・近代窯跡‐分布調査報告書―』、65‐76頁・77‐82頁 愛媛県教育委員会
2023.3.24. 大橋 康二 オリバー・スミスコレクションの日本陶磁器の特徴 『佐賀県立九州陶磁文化館研究紀要』第8号、 1‐30頁 佐賀県立九州陶磁文化館
2023.3.20. 大橋 康二 タイにおける肥前陶磁の特徴 『セラミック九州』No.59、6-7頁 佐賀県立九州陶磁文化館
2023.3.16. 大橋 康二 赤絵町出土品とアウグスト強王コレクションの比較研究 『アウグスト強王コレクション―18世紀前期輸出磁器と「日本宮」の日本表象研究』、161‐174頁 神田外語大学
2023.3.16. 大橋 康二 有田窯の生産とアウグスト強王コレクション・肥前 有田の柿右衛門様式・肥前の染付 『アウグスト強王コレクション―18世紀前期輸出磁器と「日本宮」の日本表象研究』、112‐115・124‐127・128‐132頁 神田外語大学
2023.3.1. 山本 文子 広東形碗の焼成方法-江戸時代後期における肥前磁器の地方窯との競争と発展- 『セラミック九州』59号、8頁 佐賀県立九州陶磁文化館
2023.3. 渡辺 芳郎 短命な窯:鹿児島県指宿市山川鰻窯跡の事例 『江戸遺跡研究』10、101-109頁  江戸遺跡研究会
2023.3. 渡辺 芳郎 喜界島古墓における苗代川製品の分類と編年試案 関根達人編『喜界島の古墓』令和3年度~7年度科学研究費補助金基盤研究(B)「奄美群島の葬墓制に関する考古学的研究」研究成果報告書1、231-237頁 弘前大学人文社会科学部
2023.3. 丹羽 崇史 奈良三彩の成立過程に関する学史的検討と若干の考察 『文化財論叢』V :奈良文化財研究所創立70周年記念論文集、395-414頁 奈良文化財研究所
2023.2.18. 渡辺 芳郎 シマの陶磁器と近世考古学 鹿児島国際大学博物館実習施設 令和4年度講演会 鹿児島国際大学
2023.2. 渡辺 芳郎 鹿児島城跡出土の記銘陶磁器の種類と性格 『金沢大学考古学紀要』44 、15-27頁 金沢大学古代文明・文化資源学研究所
2023.2.1. 後藤 修 陶芸公募展レポート「現在形の陶芸 萩大賞展Ⅵ」 『炎芸術』153、124-127頁 阿部出版
2023.2.1. 後藤 修 萩焼の歴史と変遷 『淡交』956号、33-39頁 淡交社
2023.2. 梶山 博史 青木木米・三田焼・王地山焼 他計17点 『愛知県美術館研究紀要』第29号 木村定三コレクション編、69-72・75・83-85・89-90・111頁 愛知県芸術文化センター、 愛知県美術館
2023.2. 岡 佳子 黒楽茶碗 長次郎 苔清水 他計33点 『愛知県美術館研究紀要』第29号 木村定三コレクション編、60-74・76・86-88・118・121頁 愛知県芸術文化センター、 愛知県美術館
2023.1.31. 遠藤 啓介 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)九州・沖縄地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、9~10頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 首藤 久士 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)中国・四国地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、7~9頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 赤松 和佳 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)近畿地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、6~7頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 庄田 知充 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)北陸地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、5~6頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 大西 遼 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)東海地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、4頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 藤掛 泰尚 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)関東地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、3~4頁 東洋陶磁学会
2023.1.31. 齊藤 和機 最近出土の陶磁トピックス(2021年1月~12月)北海道・東北地方 『東洋陶磁学会会報』 98号、2頁 東洋陶磁学会
2023.1.29. 高橋 照彦 日本における奈良・平安期の施釉陶器生産 東亜大学東アジア文化圏形成研究プロジェクト室 国際学術シンポジウム「東アジア都市文明の考古学研究」 オンライン
2023.1. 渡辺 芳郎 近世薩摩焼の植木鉢 『江戸遺跡研究会第35回大会「江戸の園芸」発表要旨集』、67-73頁 江戸遺跡研究会