大会/Convention

第48回大会 陶磁史研究の今とこれから―2020年からの展望

趣 旨:

昨年以来、全世界は新型コロナウィルスの流行によって危機的状況に追い込まれることとなりました。陶磁器をめぐる研究や教育、創作の世界もまた困難な状況にありますが、その中でも将来に向けた様々な努力が続けられています。今回の大会では、各地の研究者、学芸員、教育者、創作者などがそれぞれの現状と展望を語り、今後の陶磁史研究を切り開くための問題意識を共有します。

※コロナ禍のため、以下の発表者などの予定変更がある可能性があります。

 

開催日:
・12月第1週頃より各講演者発表の限定公開配信
・12月11日(土)各講演者による討論(オンライン)
発表者・演題:

■Youtubeによる事前録画限定公開

※発表者・発表題目が仮題です

〈セッション1:窯跡調査の今とこれから〉

・江建新(中国・景徳鎮陶瓷考古研究所 名誉所長)

「景徳鎮窯の調査・保存・活用」

・張起熏(韓国・京畿陶磁博物館館長)

「広州官窯の調査・保存・活用」

・水本和美(東京藝術大学)・船井向洋(伊万里市教育委員会)

「窯跡の可能性〜研究、継承、活用に向けて〜」

・謝西營(浙江省文物考古研究所)

トピック 青磁窯をめぐる新発見① 「上林湖窯の調査と発見」

・韓盛旭(韓国・民族文化遺産研究院 理事長)

トピック 青磁窯をめぐる新発見② 「康津青磁窯の新知見について」

 

〈セッション2:美術館・博物館の今とこれから〉

・余佩瑾(國立故宮博物院 常務副院長)

「新視野下的博物館研究與策展‐以「皇帝的多寶格」特展為例」

・李京孝(国立民俗博物館・学芸研究士)

「韓国国立民俗博物館の新たな試み ―収蔵庫の露出展示について」

・三笠景子(東京国立博物館)・川合加容子(文化財活用センター)

「東京国立博物館の新しい試み」

 

〈セッション3:陶芸は未来―作家として、教育者として〉

・三上亮(東京藝術大学 教授)

「東京藝術大学の陶芸教育と将来」

・金大容(ソウル科学技術大学 助教授)

「韓国での陶芸教育と将来」

・劉潤福(清華大学 教授)・翻訳:三田村有芳

「清華大学での陶芸教育の現状と将来」

 

■大会当日  12月11日10時~16時(予定)

ラウンドテーブル1:座長 渡辺芳郎(鹿児島大学)

セッション1参加者との質疑応答・討論

ラウンドテーブル2:座長 小林仁(大阪市立東洋陶磁美術館)

セッション2参加者との質疑応答・討論

ラウンドテーブル3:花里麻理(茨城県陶芸美術館)

セッション3参加者との質疑応答・討論

大会一覧へ戻る

ページトップへ