大会/Convention

第46回大会 薩摩焼研究の現状と課題-この四半世紀の成果から-

趣 旨:

薩摩焼の研究は、前田幾千代『薩摩焼総鑑』(1934年)、田澤金吾・小山冨士夫『薩摩焼の研究』(1941年)など古くから始まっていたが、その後、停滞していたと言わざるを得ない。しかし1990年代に入り、鹿児島県内各地で薩摩焼窯跡の発掘調査が増加し、これまでの通説を塗り替える知見が蓄積されてきた。本大会では、この四半世紀の調査研究成果を振り返るとともに、今後の薩摩焼研究の課題を考えていきたい。

開催日:
2019(平成31)年1月19日・20日・21日(見学会)
会 場:
鹿児島県歴史資料センター黎明館/鹿児島県
共 催:
鹿児島県歴史資料センター黎明館
発表者・演題:

〈基調講演〉

・「薩摩焼研究の現状と課題」渡辺芳郎

〈研究発表〉

・「竪野冷水窯跡資料」関明恵

・「薩摩焼の茶道具」松村真希子

・「龍門司古窯跡資料」深野信之

・「薩摩焼と沖縄陶器」新垣力

・「明治期における輸出薩摩」深港恭子

 

※発表題目はすべて仮題です。

見学会:

(予定)

1月19日(土)

・鹿児島県歴史資料センター黎明館 特別展「薩摩焼の明治維新(仮)」

 

1月21日(月)

・美山(日置市)

・龍門司(姶良市)

・鹿児島県立埋蔵文化財センター(霧島市)

大会一覧へ戻る

ページトップへ